« apache2.2とNetBSD3.0とPHP5.1.1 | トップページ | 自宅サーバ迷走中:結局OSを入れ替える »

2006.01.04

自宅サーバ迷走中:snmpで監視してみよう

apacheもphpも今まで使っていたバージョンの物に戻したのにやっぱりサーバが途中で止まります。orz
とりあえずもうちょっとあがいてみようとsnmpを入れて監視することに。

NetBSDのpkgsrcから

  • net-snmp(どこに設定ファイルを保存するかわからないけどとりあえずオプションで指定して使えば問題なし(汗))

mrtgを入れたマシンにもnet-snmpをパッケージから入れた

とりあえずsnmpは/usr/pkg/share/examples/net-snmp/EXAMPLE.confを/etc/snmp.confとかにコピーして

/usr/pkg/sbin/snmpd -c /etc/snmpd.conf -p /var/run/snmpd.pid

とかやって起動。(一応rc.d用に起動スクリプトも作った)

snmpはudpのポート161を使うらしいのでipf.confに

pass  in  quick proto udp from any to any port = 161 group LAN側IFのin
pass  out quick proto udp from any port = 161 to any group LAN側IFのout

を追加

mrtgを動かす方のマシンから

snmpwalk -v1 -c コミュニティ名 IPアドレス .1.3.6.1.4.1.2021.2

とやってずらずらと結果が返って来ればおk(.1.3.6.1.4.1.2021.2はsnmp.confに書いてあったサンプル)

|

コメント