« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005.10.27

mrxvtとbitmapfont入れた

pdaXromRC11を入れて日本語の使えるターミナルソフトが必要だと思った。
とりあえず前に使っていたmrxvtを入れることに。
pdaXrom.jpのfeedからmrxvtのパッケージをとってくる
これだけだとフォントが足りないので、フォントを入れる。
今回はX Window用のフォントのお部屋にあった日本農園様 による X68k用16ドットフォント milkjf を使うことに。
リンク先からmilkjf_pcf.tar.gzをもらい、展開。
中に入っているpcfファイルを全部zaurusにコピー(/usr/X11R6/lib/X11/fonts/japanese/ディレクトリを作りそこへ全部入れた)
圧縮してあったらちょっとはディスク容量が稼げるに違いないと思いgzip *を実行。
実行後pcfファイルをコピーしたディレクトリでmkfontdir .
fonts.dirが作成される。
cp fonts.dir fonts.aliasを実行し、fonts.aliasを以下のように書き換える

8x16 -milkjf-fixed-medium-r-normal--16-150-75-75-c-80-iso8859-1
8x16B -milkjf-fixed-bold-r-normal--16-150-75-75-c-80-iso8859-1
8x16r -milkjf-fixed-medium-r-normal--16-150-75-75-c-80-jisx0201.1976-0
8x16rb -milkjf-fixed-bold-r-normal--16-150-75-75-c-80-jisx0201.1976-0
k16 -milkjf-fixed-medium-r-normal--16-150-75-75-c-160-jisx0208.1990-0
k16b -milkjf-fixed-bold-r-normal--16-150-75-75-c-160-jisx0208.1990-0

できあがったらもういちどmkfontdir .
xset fp rehash
xset fp+ /usr/X11R6/lib/X11/fonts/japanese
を実行fonts.dirやfonts.aliasにミスがあるとエラーが出るので注意

xfontselのfndryでmilkjfが選べてれば成功。
再起動したときにもこの内容が適用されるようにさっきのxsetの2行を.xinitrcに書いておく

/usr/share/applications/mrxvt.desktopのExecから始まる行を以下のように書き換える
Exec=mrxvt -bg black -fg green -geometry 80x25 -fm k16 -fn 8x16r -fb 8x16rb -km

で、Xを再起動させると日本語ターミナルがだいたい全画面に近い形で利用できる。
起動時に最大化状態で起動できればばっちりなんだけど、やり方がわからないので調べ中
追記:mrxvtの起動オプションに+sbを付けてスクロールバーを表示しないことにし、Panelsizeを24pxにしたらちょうどぴったりだった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

pdaXrom RC11入れた

さっくりと入れて通信と日本語環境までは作りました
uimがRC11では使えないという噂をちらほら目にしましたが、使えています。
libstdc++.soのバージョンがRC11の奴とあわないみたいなのでちょっと手を入れる必要があります。
使えてない人はよく見てみるとlibstdc++.so.5が無いって言われていると思います(それ以外の理由で使えてないなら何が悪いのかわかりませんorz)
普通にlibstdc++.so.6からリンクを張っても他のエラーが出るので
libstdcxx_5.0.5_armv5tel.ipk
をダウンロードして中身を取り出し(インストールでもできるのかな?)展開するだけでokです。

あと、/usr/bin/viが無いのでcrontab -eしようとするとエラーになったりするのでvimを入れてviにリンクを作ると良いような気がします。

後はターミナル(多分今回もmrxvt)を入れてビットマップフォントを入れたらばっちりRC11環境のできあがりです

w3m-imgが何とかpdaXromで使えないのか色々やってみたいとおもいます。

| | コメント (3) | トラックバック (2)

2005.10.26

KWINSのアンテナ注文した

KWINSをKW-H128C2というカードで使っているのだけどこのカード、アンテナ部分が非常に取れやすい。
ザウルスを普段ケースに入れずにカードも挿したまま鞄に突っ込む派の私はあっという間に取れやすいアンテナ部分を無くしてしまいました。
まぁ通信できるからいいやと1年ほどアンテナ無しのままで通信していたのですが、willcomの電波がバリバリ入っている近所のファミレスで通信できなかったり、自宅で窓際に寄らないと通信できなかったりするのが気になって、取り寄せできない物かと調べてみました。
で、KWINSのFAQにアンテナを紛失したら?という項目から、現在はnetindexに社名変更をした本多エレクトロンのweb販売ページに飛びさっくり注文を行うことができました。
お値段諸々手数料込み\1470orz
アンテナを付けたらとりあえず今まで通信できなかった自分の机の前で通信できるようになったので効果抜群です。こんなに小さい部品なのによく頑張ってる感じです。
広げなくても効果は十分なので、もうなくさないようにテープでカード本体に貼り付けましたorz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

qmail3(2.9.18)日本語化

qmail3日本語化ファイル
qmail3の2.9.18がリリースされました。

今回はメッセージにラベルを付ける機能が目玉の様ですが、マクロからアクセスすることになるのでマクロ使ってないひとにはあまり関係ないのかもしれません。
GnuPGの署名の取り扱い周りも修正されているのでGnuPGで秘密文書wのやりとりが多い方もアップデートした方がいいのかも。

今回の変更点をチェックするならこちら→q3/ニュース/2005-10-26

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MIDP:キャラクタークラスを作った

maze_player
また、気が向いたので自分側のキャラクターを表すクラスと、ステータス表示部を作ってみた。
あと、敵キャラのクラスを作って殴り合いの戦闘wをするところまではとりあえずたどり着きたい。

・・・今のところソースの中に全部のデータを詰め込んでいるけど、そのうちどっか外部から(レコードストアとか?)から読み込みできるようにしたいし、データを保存できるようにもしたいのでレコードストアの扱い方についてちょっと調べてみようと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.23

LANTANK:要らないサービスを止めてみる

とりあえず使わないサービスが起動してるのも嫌なのでその辺を停止させることに。
LinuxはFedoraCoreしかよく分からないけど、Linuxなのだからinittabを見たら何かわかるのではと思い見てみる。
id:2:initdefault:
あれ?runlevel2で起動するようになってる・・・RedHat系とランレベルの数字の割り振り違うのかな(RedHat系はネットワークの使えるマルチユーザモードは3)
まぁその辺はなんか変な感じだけど、置いておくとしてinittabのもうちょっと下の方を見てみると
l2:2:wait:/etc/init.d/rc 2
とあった。ざっとだけ眺めて/etc/rc2.d以下のS数値サービス名のスクリプトを呼び出しているらしいことがわかった。
おおよそRedHat系と同じらしい。
chkconfigコマンドは無いらしいが、googleで検索した結果update-rc.dコマンドを使うとだいたい同じ事ができるらしいということがわかった。
(参考サイト:UNIXな生活)debianでのrunlevelの考え方も載ってた。

さて、/etc/rc2.d以下のスクリプトを眺めて後は
# update-rc.d -f サービス名 remove
するだけなのだが何が要らないのか考えてみた。

  • inetd telnetdを呼び出してるだけっぽいので要らない
  • wizd AVel LinkPlayer用サーバだと思うから要らない
  • mt-daapd 確かiTuneサーバ用だから要らない
  • akadavsvr webdavは使わないから要らない
  • thttpd-raidsetup 中身を見たらraidがsetupされてるか確認してraidになってたら停止する物らしいので要らない
  • mdnsresponder 何これ?
mDNSResponderというサービスが何をしてるのかわからない。一応DNSって名前だからDNSがらみなのだろうけどLANTANKには既にbindをインストール済みだから、変なDNSサービスが立ち上がってると困る・・・ 再びグーグル先生に問い合わせてみるとMacOsXで使うマルチキャストDNS用のコマンドらしい・・・ よく分かりませんorz

検索結果のうち日本語で書いてあるサイトを上から順に見てみると・・・kotomixというblogの記事に
mdnsresponder.exeとbonjourサービス
mDNSResponder.exeはなにかって言うと今まではiTunesがネットワーク上の他のiTunes端末を検知するのに使ってた技術を外出しにしたプログラムです。
とあったので、これも要らない様だ。

thttpd-raidsetupはlink元が絶対パス指定なのが悪いらしくupdate-rc.dコマンドで扱えなかった為自分でリンクを削除した。
で、再起動をかけてsshでログイン。さっきまでいろいろなプロセスがごちゃごちゃと起動していたが、起動直後の状態でps ax|wc -lの結果が25というすっきりした状態になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.22

LANTANK:やらかしたorz

とりあえずLANTANKで遊ぶ日々です。
初期状態のユーザとしてadminが設定されているのですが、ユーザ名がいやだったので変えてみました。
で、groupファイルを見てwheelが無かったのでそのままpasswdとshadowのadminを自分の好きなユーザ名に変えて、さて、再ログインと思ったらsuできませんでしたorz
よくよく/etc/pam.d/suを眺めてみるとsuできるグループがadmに設定してありましたorz

泣く泣くHDDをLANDISKから取り外し、メインマシンに取り付け、knoppixCDを入れて起動
# mount -t ext3 /dev/hda1 /mnt
としてgroupファイルを書き換えてLANDISKにHDDを取り付けてやり直しましたorz
とりあえずこれでも気持ち悪いのでwheelにしちゃおうかな(汗

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.20

WS003SH(W-ZERO3)はデータ定額適用

さっきWS003SH欲しいけどwillcomの料金プランがなーとぼやいていましたが、なんとこれは音声端末扱いで新料金プランのデータ定額が適用だそうです。

データ定額というのはどういう料金プランかというと
音声端末を利用したx4データ通信が月々3800円で定額になるという多分オプションプラン。

うーんこれ単体で申し込めるならW-ZERO3に走ってしまいそうな気がするけどウィルコム定額のオプションプランなんだろうなぁ
音声通話は実はほとんど着信にしか使っていないので(元々電話で喋るの苦手なんだよw)
ウィルコム定額とデータ定額あわせて6700円だとまだちょっと高い気がします。

まぁ実はデータ定額はあまり使わなければ1050円から始まる上限あり(3800円)の従量制なので、もしかしたら自分の使い方では6700円までは行かないのかもしれませんが、せめて現在の料金+500円くらいで収まって欲しい物です

情報源:impressBBwatch useWill.com なおっきのぶろぐ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

Willcomの新機種:WS003SH

さてはて先日新機種発表~と浮かれていましたが、W-SIM対応のシャープの新端末(WS003SH)が発表されました。
なんかすごく良い感じですがLinuxZaurus持ってるしなぁ・・・どうしよう

Willcomの料金プランがちょっとなぁ
KWINSのPDA専用コースWillcomのスーパーパックSを契約しているのですが、

PDA専用コースが年間21000円(月あたり1750円)
128kbpsつなぎ放題(PDA限定)
スーパーパックSが月額2475円(長期割引適用後)
あまり通話はしない
であわせて月あたり4225円なのですが、今と同じ快適さをWS003SHで得ようとするなら なので、かなり月額料金が上がることになりますorz

きゅうFlashが見られるのがイイって言ってるけど私はその辺はどうでもいいやって感じです
けれども見れば見るほど欲しい気がしてきます。
迷えるって幸せ?w

関連記事

| | コメント (3) | トラックバック (0)

LAN-TANK買った

RAIDできるってちょっと良いなぁと思い、LANTANK(SOTO-HDLWU)を購入してみた。
起動後webブラウザから自宅のネットワーク環境にIPアドレスなどをあわせて変更したのだが、やたら動作が遅い。
よくよく設定した内容を確認してみると、DNS ServerとDefault Gatewayの値がおかしい(入れ替わっている?)
調べてみると、この部分にバグがあるらしい・・・
仕方ないので、手動でresolv.confを修正した。
途中まで、telnetでログインする際のパスワードとweb設定のパスワードが違うことに気が付かず普段使ってるマシンにHDDを繋ぎ、knoppixを起動し、繋いだHDDをマウントして書き換えてからLANTANKに戻すという訳の分からないことをしてしまったorz
(telnetもwindows付属のクライアントだとタイムアウトするし、adminでログインできないしで、だいぶ困ったあげくの暴挙w)

まぁ、無事に起動するまでに実験用に使おうと思った2.5inchHDDから起動できず(2台試して駄目だった)orz
仕方なく、玄箱から置き換えできそうだったら買おうと思ってた3.5inchHDD(ST340015A)を買ってきて投入したら無事起動した。
という事もあったのでだいぶいっぱいいっぱい気味だったらしいw
外には見えない場所に置くつもりなんだけど、とりあえずsshdを使えるようにしたりするのと、セルフコンパイル環境をつくるところから初めて最終的には玄箱と置き換えられるようにSMTPとかDNSとか入れていこう。

なんか、とりあえず元々がdebianなので玄箱を使うよりは楽な気がする。

一応メモ

LANTANKのweb設定ツールはバグあり
IP AddressとSubnetmask以外のネットワーク設定はtelnetでログイン後修正が必要
(/etc/resolv.confと/etc/network/interfaces)
telnetログイン
とりあえずadminでログイン初期パスワードはpasswordになってる
その後su。初期パスワードはtmaster

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.18

ヤクルト古田がプレイングマネージャーに

古田敦也公式ブログなる物をRSSリーダに入れて読んでいるのですが、今日久しぶりに更新があったなぁと思ったらタイトルが緊急更新になっていて何事かと思いました。
そしたらつい先ほど、ヤクルト・スワローズのプレイング・マネージャー就任の発表を行いました。
とのこと、プレイングマネージャーって何だ?と思いグーグル先生に聞くと、選手兼監督って事らしい。
監督!おぉ!ついに古田が監督ですか!

実は野村監督から監督が代わってからあまり野球を見ることは無かったのですが(汗)なんだか来シーズンからはちょっとプロ野球を見るのが楽しくなりそうです
(ヤクルトファンってわけじゃないけどヤクルトの試合くらいしか見ない気がするw

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2005.10.16

WILLCOM SIM STYLE発表会があるって

先日willcomの新機種発表と言うことで浮かれていた私ですが、今日いろいろなサイトを見ていたら、10月19日WILLCOM SIM STYLE発表会という記事を見つけてビックリ!

WILLCOM SIM STYLEというのは電話の電波に関する部分を小さいカードに納めて(W-SIMカード)そのカードに対応した機器に差し込むとその機器で通話をしたり通信をしたりできる仕組み。FOMAが多分もうこの仕組みを採用していた気がする・・・
で、この仕組み何が嬉しいかというと、音声端末とデータ通信端末の2台持ちをしている人は一つのW-SIMカードを用意して、音声端末に差し込めば通話ができるし、データ通信カードに差し込めばデータ通信ができて、無駄な契約しなくて良いねという部分。 音声端末しか使わない人でも、W-SIMに機種変すればガワの部分を好きなときに購入し自分でガワの部分を変更できるというのもポイント(インセンティブがガワにかからなければもちろんガワの購入価格は高くなるけど) ガワの部分がジャケットのように変更可能ということでジャケットフォンなんて名称もあった気がする。

多分実際のW-SIM機種は来年の春か夏頃発売になるのだろうけど、11月にWX310SAに機種変してしまうと、W-SIM対応機種に機種変するには来年の9月まで待たないといけないんだよなぁ
(10ヶ月経たないうちに機種変するほどの愛はありませんw)
とりあえずWX310SAのJAVAにワクワクしている最中だし、データ通信はKWINSのPDA専用コースを使っているので、willcomで廉価なPDA専用コースを用意してくれるか、よっぽどおもしろい機能搭載のガワが発売されるかで無い限りはWX310SAを発売日に購入予定です(汗

今回の情報源
useWill.com
memn0ck.com

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.10.15

PodcastingとWinamp

winampさっきの記事でPodcastingにちょっと興味を持ったって書いたけど、WinampでPodcastingを取れたら良いなぁと思いちょっと調べてみた。
Googleでwinamp podcastingで検索をかけてみると
PleasureDelayerDiary[Podcasting]Winamp5.1でPodcastを。
という記事が見つかったので早速自分もWinampのメディアライブラリをチェック。
SHOUTcast Wire→Subscroptionsを選択し追加ボタンを押して聞きたいPodcastingのURLを入れればOK
ITEMからMediaをダウンロードを選ぶとファイル自体を保存してくれて便利です。
(保存先はWinamp設定のGeneralPreferencesのMediaLibraryのWatchFoldersの監視フォルダ設定で一番上に設定しているフォルダになるっぽい)
バージョン履歴を見るとWinamp5.1から使えるようになった機能らしいです。
ちなみにWin32工作小屋の日本語化キットを使っているのでメニューが日本語で表示されてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SuperBell"Zの鉄音アワー

友達の9000系のブログに鉄音アワーなるエントリーがあったので見てみると、なにやらスーパーベルズの野月氏がネットラジオを始めたとか何とか。
ネットラジオというかMP3がリンク先に置いてあるのでそれをダウンロードして聞けば良いみたいです。
今までポッドキャスティングって興味なかったのですが、鉄音アワーがポッドキャスティングに対応しているらしいのでちょっとためして見たい気がしてきました。

実際聞いてみると野月氏(すごい鉄)と土屋氏(普通の人?)の二人で鉄とか鉄とか鉄とかトークな番組になるらしいです。
土屋氏といえばこの間のライブでの生老ラッパーが衝撃的でした!
軌道刑事ツクバンといい最近土屋氏の出番が多い気がしますが、この人はスーパーベルズのメンバーではないのかしら?あのまったりボイスが結構好きなんですけどw

なんか鉄道模型の新情報コーナーとか鉄道模型のコーナーとかすごい鉄の人を呼んでトークしてもらうコーナーとかあるらしいです。
もちろんナカジーと少覚さんのコーナーもありますよ!
ブルリン(鉄道がらみの言葉をたくさん覚えたインコ)もいるみたいなのでなんだか楽しそうですw

ココログで鉄音アワーのお知らせを掲載しているようなので興味のあるかたは是非

一回目の聞き所は9/23 9/24のプラモデルラジコンショーで行われた鉄道模型を運転しながらの車掌DJ(小田急VSEバージョン)の模様の録音(すげぇw)MP3の最後の方に入ってるのでトークに興味のないひとも是非。コーンバトラーヴィ(謎違?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.13

保険証

今回は微妙に長いので読むの面倒だという人は一番下にまとめを書いたよw

私は現在兼業主婦として主婦業の傍ら旦那の扶養に入らない程度は仕事をしています。
で、仕事先は契約によって報酬がもらえる式のところなので健康保険は国民健康保険に加入してます。
(どっちにしても勤務日数が週に2~3日なので社会保険には普通入れませんがw)

でだ、今日はちょっと病院へ出かける用があって出かけたのですが保険証入れの中に入ってた保険証を見てびっくり9月30日で有効期限が切れていましたorz

一応月に数回通っている病院なので、保険証は次回で良いという事になったのですが新しい保険証が届いた記憶がありません・・・
何ヶ月か前の保健代金の引き落としが失敗していたのを払いに行くついでに役所で聞いてみると
「保険証がカード型になったので今までよりも小さい封筒で届いているハズです」
というので家に帰り探してみると・・・

ぺなぺなしていてとてもカードが入ってるとは思えないけど市役所の年金保険課から送られてきた封筒が未開封のまま机の書類挿しに入っていました。(未納分の納付書が送られてきたのだとばかり思ってたw
早速開封するとやはりぺなぺなした紙にカード型の物体が印刷されていてここから丁寧にはがしてくださいって書いてありました・・・

ぺなぺな具合は秋葉原の某PCショップの物以下です・・・
ラオックスやヨドバシカメラやビックカメラのポイントカードの方が作りがしっかりしてます
・・・これはラミネートしても良い物なのだろうかorz

まとめ
保険証が名刺カードサイズでぺなぺなしすぎてるのでラミネートしないとすぐにぐしゃぐしゃにしそうだヽ(`Д´)ノ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.10.12

MIDPいじってみた

maze
MIDPの練習もかねて、ちょっと作ってみた。まぁいつも通りワーイ動いたーで満足して終わっちゃうんだと思うんだけどw
今回作りかけになりそうなのは3Dダンジョンっぽいもの。
まだ、3D迷路をうろうろする位の事しかできないけど、途中で飽きなければRPGっぽくしていきたい。
高校生の頃こんな感じのを作った事があったのに、ここまでMIDPで作るのに丸2日くらい時間がかかってしまったorz
(迷路本体をプログラムで書いてるんだけど、それの座標をペイントで測るのに丸一日w

DoJaでP505is向けに作ってた時はメモリサイズの制限とかthreadは使わないとかのお作法が多くて大変だったけど、WX320SAはそこそこメモリも大きいらしいし、MIDPはthread使わないというお作法も無いらしいので、小さい箱向けの事はあまり考えなくても良さそう。(まだ実機無いのでわからないけど)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.10.06

@ホームページのデザインをいじろうと思った

自分のブログでは無いサイトの方のデザインをちょっと変えようと思ってCSSで色々いじってみたんだけど、まぁ元々デザインセンスなんて皆無なので、結局全然変わってません(汗)
もうちょっと派手にしたいのですがorz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.01

さよならDoJaこんにちはMIDP

先日willcomの新機種でJAVA搭載がでるよ~という記事を書きました。
で、今日そのWX310SAに搭載されるJAVAの開発環境をつくろうと思い立ったわけです。

対応環境がMIDP2.0との事だったのでとりあえずMIDP環境を用意することに。
とりあえず必要なもの

  1. J2SE SDK v 1.4.2_09
  2. J2ME Wireless Toolkit 2.2

とりあえずこれだけかな?
J2SEを入れた後にJ2MEを入れる。
で、J2MEを入れるとスタートメニューにRun MIDP Applicationというメニューができあがるので
Run MIDP Applicationを選ぶととりあえずデモが実行できる
DoJaの時みたいなプロジェクトランチャーみたいなのが必要ならKtoolbarがそんな雰囲気の奴です

・・・eclipseが使いたいなら3.1を入れてeclipseMEを入れる
eclipse3.1の日本語化に失敗orz
ヘルプ→ソフトウエア更新→Search for new features to install→NewRemoteSite
でNameはEclipseME
URLはhttp://www.eclipseme.org/updates/
にするとインストールできる(何度か失敗したorz)

で、DoJaの時とは異なり資料がほとんど英語なのですが、ナイスタイミングで本が出てます。
MIDP 2.0携帯Javaアプリ開発ハンドブック
英語なんて全然駄目だorzという方は買っておくといいかもしれません
私は同じ著者のiアプリゲーム開発テキストブックを持っているのですが、これよりもAPIの解説が多く載ってたら買おうと思います(汗

| | コメント (1) | トラックバック (0)